2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

おとな活動(各種サークル♪)

大人の平日倶楽部

GWまっただなか。
小さいお子さんのいる会員さんは、「どっか連れてって~」とか言われてることでしょう。
がんばれ!

「平日大人倶楽部」は、事務局スタッフ周辺にいる、もう子どもが育っちゃった会員たちのゆるい活動。声を掛け合ってお出かけしています。

今回は新緑の足利へ☆

ココ・ワイナリー・ファームでランチのあと(これはぶどうジュース。車ですからね)、
足利で銘仙の着物をレンタルして楽しみました。

Photo Photo_2

さ、次はいつ、どこへ行く?
「次回はいっしょに行きたい♪」って方は、事務局までお知らせくださいね。

宮染め体験、大満足☆

10/30(火) おとなのゆる企画「宮染め体験」行ってきました♪
107年の歴史がある、中川染工場。
参加者20名が3班に分かれて、手ぬぐいを染めました。

手ぬぐいの柄は豚さんとどんぐり君。007_2

まずは、染めたくない所にのりをつけていきます♪004_2 この道50年の職人さんが心配そうに見守ってくれていましたcoldsweats02

それから、いよいよ染めていきます☆

色を変えたい所を絞り器でのりを盛り上げて…018

自分たちが色をデザインして、色を流し込んでいきます。014

川を模したような機械でのりを流して、脱水機にかけたら

あとは干すだけhappy01030

干した後は、あちらの建物で…と言われて建物の中に入ってみると、そこはさながらバーゲン会場!031

B級(って言われても、ほとんどわからないほどキレイ!)てぬぐいを安く売っていただいたり、額に入れて玄関に飾りたいくらい素敵な柄の手ぬぐいを、わいわい見せていただいている間に、反物だった手ぬぐいを切り分けていただき、できあがり☆

とっても楽しい体験をさせていただいた上、自作の手ぬぐいを手に入れた感動!

また、来年も行きたいなぁ~happy02

大人ゆる企画

夏休みに入ったお子たちもいるようですが、
今日は子どもが育っちゃって、もうあんまり関係ない大人たち6人で集まって、
新里町の農家さんでブルーベリー狩り。
……いやいやそんなおしゃれなのでなく、
雨合羽着て本気。1kg1500円です。

2012072314500000

その後、なぜか宇都宮大学工学部の学食でランチの会。
そうなの。一般のおばちゃんでも入っていいんだよ。

2012072311380001

手前は宇大生に一番人気の「チキンおろしだれ」290円。
安くておいしい学食ランチ。

2012072311380000

いろいろサイドメニュー付けても500円でおつりがっ!
「ねえねえ、カロリーも出るんだ~、すごいね~」
……と盛り上がった母さんたちでした。

おとなのゆる企画は、ときどき勢いとなりゆきで開催中。
「次回何かやるときは声かけて」って会員さんは事務局にお申し出ください。

七夕お茶会

大人の平日倶楽部は、七夕の今日、トライ東でお茶会を開催。

先生は、あのI野さんですよ!四人で「お茶会で恥ずかしくない、茶道の基本」を教えていただきました。

お楽しみのお菓子は、濱田屋さんの『蛍の宿』。きれいです。

Photo_2 

Photo_3

いつもとはまた違うI野さんのお姿に、見ほれてしまう参加者でした。

茶道って、素敵です。子どもたちにもいつか体験させてあげたいね、と話しました。

大人の平日倶楽部「カントリーダンス」

今回の『大人の平日倶楽部』は、カントリーダンス体験!アメリカ発祥の1人でも踊れる陽気なダンスに2時間触れました。講師の永澤ゆう子先生が踏む軽やかなステップを凝視する9名。凝視しているのに、ステップを踏めないほぼ9名。手と足が勝手バラバラに動いてしまう数名…。
脳と身体はツカレタ信号を出していたけれど、先生の明るいご指導のおかげもあり、気持ちはドンドン楽しくなって最高の笑顔で終了しました。
近々、第二弾があるかも~。
サンダンス 永澤ゆう子先生
Photo
Photo_3  

おつきゆきえ さん による大人のための絵本の会

昨日は宇都宮市の浄鏡寺にて、おつきゆきえ さんによる大人のための絵本の会がありました。

よい絵本は普遍的で、決してこどものためだけのものではない、とおつきさん。
また、絵本は絵から見て欲しいとおっしゃってました。
朗読して下さった本はどれも描かれた国の匂いが濃厚にするものでした。

絵本の朗読は決まったやり方にとらわれることなく、感じたままを
表現すればいいんだな、と感じました。

朗読して下さった本に対する おつきさんのお話からは、いかにその本を愛しているか、という力強い気持ちが伝わってきました。

おつきさんのお話は観客それぞれの心に響き、皆気持ちを新たにしていたようでした(*^_^*)