2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 増山均先生 講演会① | トップページ | ちいさなげきじょう③ やってもうた私の子育て! »

増山 均 先生 講演会②

「子育て」に大切なことは、体験と理論です。

 

子どもと一緒にいて発見したことを蓄積していく事が体験です。

 

理論の一つとして、「育てる」についてです。

「育」が付く熟語を4つあげてください。

 

一番に頭に浮かぶのは「教育」だと思います。

学習権です。

これはとても強い力で、学校に行くようになると親の頭の中は「教育」でいっぱいになります。ピークは高校受験。高校のランキングや偏差値で子どもを判断してしまう。

子どもは数字じゃないけれど、子どもの可愛さは変わらないけれど、数字の判断で「この子はダメなの?」となってしまいます。

子どもの捉え方が一面的になり、子どもの見方が曇ってしまう。

これだけで子どもを判断しない為に、

 

まずは、「養育」。

生活権。生活を安定させるものです。

養育の中には、

・「食育」

生活の基本です。栄養バランス、孤食をさせないなどいろいろありますが、何よりも食卓の雰囲気が大切です。

・「眠育」

子どもが安心して眠れるということ。そういう場所があるということです。

・「気育」

家庭の雰囲気がいいということ。家に、その場所にいたいと思える雰囲気。これは親に責任があります。旦那さんのせいにしたり子どものせいにしていても変わりません。自分から変えないといつまでたっても変わらない。

子どもは遊びに行ったりして他の家庭をみるといい。我が家と比較することも大切です。

 

もう一つは、「遊育」。

文化権。『遊び、あそびは子どもの主食です。』

あそびの中に子ども同士が育ち合う力があります。

大人が作った上手にあそばされている時間ではなく、本当の子どものあそびの時間が大切なんです。

無駄でいい。

意味なんかなくていいんです。夢中になって今やりたいことをやる。それを体験する事が大切なんです。

生活の中に「あそび」の部分がないと、人がギクシャクします。車にも、ハンドルやアクセルに遊びがあるのと同じです。

 Img_6766

最後のもう一つ、「甦育:そいく」

甦生権。もう一度やり直す権利です。

思春期が子育てで一番大切な時期です。

失敗しても、躓いてもいい。もう一回やり直せばいいんです。失敗させないのではなく、失敗しても もう一回やり直せる。それでも大丈夫。という育ちが大切です。

学校は健全育成を期待するところです。ということは、そうでなければ「健全でない子」というレッテルが貼られる。

でも、みんなそうだと思いますが、清く正しく美しく生きる事ができないのが人間です。

経験のない子が悪いことをするのは当たり前なんです。

1回の事でレッテルを貼るんですか?

1回の事でレッドカードですか?

躓いたり失敗したりする中で、反省して立ち直ることが大切なんです。

そのチャンスを保障することが「甦育」です。

 

子育ては、なるべく長い物差しを当てて、子供を育ててください。

長い時間の流れで見れば、そんなに騒がなくてもいいことはたくさんある。

その時にしかできないことを、大きな目で見ることが大切です。

 

2時間の楽しく、考える講演会でした。

子どもの権利条約につながる、入門の基礎のお話でした。

増山先生ありがとうございました。

« 増山均先生 講演会① | トップページ | ちいさなげきじょう③ やってもうた私の子育て! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380802/72093909

この記事へのトラックバック一覧です: 増山 均 先生 講演会②:

« 増山均先生 講演会① | トップページ | ちいさなげきじょう③ やってもうた私の子育て! »